妻の浪費癖からわが家の財政が解放された日

妻の浪費癖は結婚前からひどいものでしたが「結婚すれば経済観念も身につくから変わるだろう」と思っていたのは大間違いでした。

家族で出かけて外食しようとして、ショッピングセンターの通り道を横切ろうとするとすかさず試着、店員さんから似合うと褒められるとほぼ100パーセント購入していました。

通販カタログを見て気に入ったものがあるとすぐカートに入れてお買い上げ、何十万円もする家具をスーパーで野菜を買うかのように買っていました。

妻に持たせていた妻名義のカードはすぐに支払い限度額がいっぱいになるので、私のクレジットカードも使って買い物、普通のサラリーマンの私の給料とボーナスの支払いで済むはずもなく、カードローンに手を出して、クレジットは全てリボ払いにするようにしてなんとか家計を切り回していた状態です。

妻に浪費を叱ると逆ギレし、男は必要なものがわかっていない、いいものを買う方が安上がりなのに粗悪品を買って安く済ませようとするあなたが浪費家だと怒鳴り散らしました。

そこで困り果てた私は妻を買い物依存専門の外来がある精神科に引きずっていくように連れて行きました。

主治医の先生が「完全に依存症だね」と言うのを妻はむすっとして聞いていましたが、主治医からは私も悪いということを厳しく指摘されました。

どんなに妻が浪費をしても肩代わりして払ってきて、浪費にガソリンを注いで来たのは私で、私名義のクレジットカードは取り上げて、今後一切妻の浪費の肩代わりをしないように命じられました。

そうすると月に何十万円も使っていた浪費がすぐに行き詰まり、妻は泣いてお金を出してと懇願して来ましたが、その時うちのカード負債はすでに500万円、びた一文も出せないと厳しく言い、どんなに苦しくても自分のパート代で払うようにさせました。

妻は青ざめてカード会社に電話してリボ払い期間を延長、それでも間に合わなければカード会社に提案されて分割払いをするようになりましたが、その時にはカード会社から新しくカードで買い物をするのをストップされていました。

妻が通販で買い物をしようとして、カードが使用不能になっていることを知って罵詈雑言を浴びせていました。さて、次はわが家の家計の立て直しです。

外食をせがまれても子どもにも言って聞かせて一切外食なし、買い物は業務用スーパーのみ、寒くても暑くてもエアコン禁止です。おもちゃも欲しい子どもたちが泣いているのを見て相当こたえたのでしょう。

今では現金主義、まだまだうちの借金は300万円ぐらいありますが、妻に振り回される生活から抜け出せたことにほっとしています。

債務整理するにもしっかりと計画を立てて行おう

私が借金を重ねてしまったのは、モラルハラスメントもあって私の家計のやりくりに文句があった旦那が、自分で家計を管理すると言ったことからでした。

自分で管理するといった割には、私が食事で使用する食材などを購入したいと言ってもお金を出してくれず、私はその間、自分のクレジットカードなどを利用して購入。そのうちにかかった分は返せもらえるだろうと思っていましたが、全く返してもらえる気配はなく、クレジットカードの借金がどんどん膨らんでいきました。

それをどんなに相談しても全く話に応じてはくれず、ついに消費者金融にもお金を借りて、クレジットカードの返済をカードローンで行うという自転車操業のようなことをしているうちに、全く返すことが出来なくなってしまったのです。

ローンが返せない訳ですからもちろんお金を貸している業者は返してもらうために督促状を送ってきます。その督促状を見せてもうちの旦那はそれに応えてはくれませんでした。返せないまま督促のみが送り付けられる状況が何度か続いた時、ついに「法的手段に入らざるを得ません」という趣旨の督促状が入ってきたのです。精神的にも肉体的にも、近年的にも追い詰められている状態でそのような内容の手紙が来たことで、私はパニック状態に陥ってしまいました。

普段なら色々調べて自分に合った方法を探してから連絡するのですが、その時は焦ってしまい、手当り次第見つけた弁護士に相談してしまったのです。直ぐに手配して下さって、山のように届いていた督促状はストップしました。それだけでいくらか気持ちは少し落ち着いたのですが、今度は任意整理を相談していた弁護士から費用の請求が来たのです。弁護士さんとさまざまな対策を相談し、生活に支障のない範囲で払えるようにと費用を分割して頂くことは出来ましたが、中には費用が分割出来ない所や、後払いでゆっくり費用を支払ってくれればいいというところもあると知り、任意整理するにも下調べしておけばよかったと後悔しました。

それでも今はなんとか返済しても生活していけるレベルまで月々の支払額を少なくしてもらうことができ、督促状の恐怖に悩むことはほとんど無くなりました。しかし、やはり借金や債務整理というのはあまり気持ちの良いものではありません。社会的な信用を失ってしまうこともあるのです。そのためキャッシングやローンでお金を借りる際は、返す時のことも頭に入れておき、計画を立てて返せるようにしておきましょう。また、ローンやキャッシング、債務整理の際の弁護士や司法書士選びも色々情報を仕入れて自分に合った会社を選ぶことが大切です。

自殺まで考えた借金地獄から自己破産までのストーリー

私は学生時代から憧れていた教育業界に勤めていました。教育はブラックな仕事であると聞いていましたが、やりがいはあり充実した日々でした。しかし、結婚を機に私の苦労は絶えなくなりました。

私の給料は、手取りで毎月18万円。

一人で暮らしていく分には何も問題ありませんでした。
しかし、そんな私には付き合って5年になる恋人が居ました。恋人からは結婚の話を切り出され、結婚は勢いだと読んだネット記事の影響を受けて結婚を決意しました。
自宅は、恋人の希望で神奈川県の横浜市にしました。駅から近いところなど要望も多く家賃は84000円でした。

最初こそ共働きでやり繰りができていたものの専業主婦になりたいと恋人は話し、仕事を辞めてしまいます。

ここからは、毎月赤字の家計が始まりました。
今が苦しいだけで、間も無く出世すると考えた私はキャッシングを利用するようになりました。
実際に出世したものの、残業代が減り、トータルの収入は減ってしまいました。
毎月の赤字はついに2年間続き、キャッシングとクレジットカードのリボ払いを合わせて500万円近い借金が残りました。これ以上借りる場所がない、返済できないと思い転職や節約術を考え、妻には働いて欲しいことをお願いしましたが、家事だけで大変であると断られてしまいました。気の弱い私が悪いのですが、お互いに今の生活から水準を下げられなかったのです。
そして、ついに借金返済に遅れが出始めました。

支払えないことに怯えて、何度もキャッシング会社から電話があると、いっそのこと自殺してしまおうかと考えました。ネットでは常にブラックでも借りられる場所を探しており、借入先が見つからないと簡単な自殺方法を探していたほどです。

しかし、私は覚悟を決めました。死ぬくらいなら自己破産をしようと。自己破産に関しては本当にダメなイメージがありました。それでも、死ぬよりはマシだと弁護士の先生に相談に行きました。そこで受けた説明によって、自己破産をお願いすることになります。
弁護士費用は、法テラスを利用して分割で返済できることを聞き、即座に決めました。その上で今の生活に対しても親身に相談に乗ってもらい引越しをおこなうとともに赤字の出ない生活を取り戻しました。

自己破産のために簡易裁判所に行った時にはドキドキしていましたが、流れ作業のように状況確認で終わりました。その後免債通知をもらい、現在では安心して生活を送ることができています。
貯金できるほどの余裕はありませんが借金に頭を悩ますことは無く安心した生活を送ることができるようになりました。

まとめ 赤字になる家計は早めに見直しましょう。

借金に困ったら自己破産という手続きがあります。自殺を考える前に法的に対処をして生活を立て直しましょう。

消費者金融の利用から借金を全額返済するまでの流れ

大学を卒業して不動産会社に就職しましたが、そこで働いていた先輩社員に誘われて競馬をするようになりました。しかし買った馬券が当たった時の醍醐味を忘れることができず、次第のギャンブルのために借金をするようになりました。

はじめてお金を借りたときの金額は10万円で、消費者金融の審査もスムーズに進み、その日のうちに自分の銀行口座にお金が振り込まれていました。けれども競馬で負けるたびに消費者金融からお金を借りていたので、次第に融資枠の限界に近づきました。しかも100万円まで膨らんだ借入金の返済もスタートしたので、次第に生活も苦しくなりました。

そこで日ごろから一緒に競馬場に行っている先輩社員に相談すると、ほかの消費者金融を紹介してくれました。すぐに教えてくれた消費者金融の店舗に行って手続きをすると、数日後には無事に30万円を借りることに成功しました。そのお金は最初に利用した消費者金融への返済に充てたり、更にギャンブルを続けるための軍資金にしました。

しかし30万円はすぐになくなり、何度も2社目の消費者金融の店舗でお金を借り続けたところ、借金の総額は200万円を超えてしまいました。

そしてついに毎月の返済金額が12万円になり、手取り収入の約半分を借金を返すために使うようになったのです。

さすがにこれ以上はお金を借りることができず、インターネット上で調べた情報を参考にして、効率的に返済を進める方法を考えました。その結果、消費者金融の返済が苦しいのは金利が高いためだということがわかり、低金利のローンを探すことにしました。

そして銀行のおまとめローンは金利が7パーセント程度なので、利率が18パーセントの消費者金融と比べると返済の負担が軽減できることもわかりました。早速ネット専業の銀行のおまとめローンの申し込みをすると、すぐに審査を通過して希望通りの金額を借りることができました。これまでの消費者金融への返済は苦しかったのですが、期日までにお金を支払っていたので、おまとめローンの審査も通過できたのだと感じています。また借金を一本化することで月々の返済金額も7万円程度になり、数年後には無事にすべての支払いを終えることに成功しました。

ギャンブルのために借金をするのは良くないことであり、それ以外の目的でお金を借りる場合にも、返済についてしっかりと考えるべきです。金利が低いおまとめローンを上手に活用するのが、早期に借金を完済するためのポイントです。

自己破産の費用に関する記事はコチラ