モラルハラスメント」タグアーカイブ

債務整理するにもしっかりと計画を立てて行おう

私が借金を重ねてしまったのは、モラルハラスメントもあって私の家計のやりくりに文句があった旦那が、自分で家計を管理すると言ったことからでした。

自分で管理するといった割には、私が食事で使用する食材などを購入したいと言ってもお金を出してくれず、私はその間、自分のクレジットカードなどを利用して購入。そのうちにかかった分は返せもらえるだろうと思っていましたが、全く返してもらえる気配はなく、クレジットカードの借金がどんどん膨らんでいきました。

それをどんなに相談しても全く話に応じてはくれず、ついに消費者金融にもお金を借りて、クレジットカードの返済をカードローンで行うという自転車操業のようなことをしているうちに、全く返すことが出来なくなってしまったのです。

ローンが返せない訳ですからもちろんお金を貸している業者は返してもらうために督促状を送ってきます。その督促状を見せてもうちの旦那はそれに応えてはくれませんでした。返せないまま督促のみが送り付けられる状況が何度か続いた時、ついに「法的手段に入らざるを得ません」という趣旨の督促状が入ってきたのです。精神的にも肉体的にも、近年的にも追い詰められている状態でそのような内容の手紙が来たことで、私はパニック状態に陥ってしまいました。

普段なら色々調べて自分に合った方法を探してから連絡するのですが、その時は焦ってしまい、手当り次第見つけた弁護士に相談してしまったのです。直ぐに手配して下さって、山のように届いていた督促状はストップしました。それだけでいくらか気持ちは少し落ち着いたのですが、今度は任意整理を相談していた弁護士から費用の請求が来たのです。弁護士さんとさまざまな対策を相談し、生活に支障のない範囲で払えるようにと費用を分割して頂くことは出来ましたが、中には費用が分割出来ない所や、後払いでゆっくり費用を支払ってくれればいいというところもあると知り、任意整理するにも下調べしておけばよかったと後悔しました。

それでも今はなんとか返済しても生活していけるレベルまで月々の支払額を少なくしてもらうことができ、督促状の恐怖に悩むことはほとんど無くなりました。しかし、やはり借金や債務整理というのはあまり気持ちの良いものではありません。社会的な信用を失ってしまうこともあるのです。そのためキャッシングやローンでお金を借りる際は、返す時のことも頭に入れておき、計画を立てて返せるようにしておきましょう。また、ローンやキャッシング、債務整理の際の弁護士や司法書士選びも色々情報を仕入れて自分に合った会社を選ぶことが大切です。